PROFILE

高校の同級生だったKYOとCLIMB は高校時代それぞれのフィールドで既に音楽活動をしており、いつか枠にとらわれない音楽を一緒に創りたいね…そんな事を話しながら2011年3月高校を卒業。
その10 日後、東日本大震災 が故郷を襲った...。

故郷を誇りにそれぞれのフィールド音楽で復興支援活動に参加、5年が過ぎた頃久しぶりにスタジオで再開した2人は、新しく日本らしいラウンジミュージックをテーマにいくつもの楽曲を制作。西洋におけるクラブやサロンの様に異種クリエーターが集う社交場から生まれるアートの様に、日本の作家や漫画家に見られる様な同じ方向性の夢を持つアパートの住人たちによる「切磋琢磨」をイメージし、それぞれの仲間たちも自由に参加出来るDopeなバーチャルアパート「SAMURAI APARTMENT」が誕生した。
結成直後から海外向けのシティープロモーションの挿入曲などを手がけるほか、LIVEパフォーマンスにも定評があり、活動が1年も経たないうちにMEGA ROCKS2017にLIVE HOUSE推薦枠で出場した。また、2018年にはカフェを中心としたLIVE【Cafe’Vitamin】シリーズを展開。「今日だけは我慢しないで泣いてもいいよ!」をコンセプトに、各世代の泣き歌カヴァーとオリジナル楽曲で構成され被災地沿岸部などを中心に行うL I V Eは好評で毎回完売となる。
またフューチャリングアーティストとして起用した和製VOICEのSHIMOの正式加入により活動がパワーアップした。特に粘り気のある透明度の高いSHIMOの声は「純度の高い水」「中毒性を纏った声」などと言われ一度聴くと脳内でリフレインして、また聴きたい、またLIVEに行きたいとなり「しもロス」なる言葉まで生まれた。
2019年24時間TV(8/24~25)全国放送で冒頭に東日本大震災被災地東松島市より青い鯉のぼりプロジェクトとしてオリジナル曲「疾風迅雷」を天に通じるものとして、和太鼓、青い鯉のぼり、花火をテーマに、嵐・松本潤さんと共演し大反響となった。また、翌日は仙台メイン会場よりSAMURAI APARTMENTの生ライブ、生放送が行われ震災から8年経った被災者の声を元に決して埋めることのできない後悔を綴った「もしも…」を披露。それまで晴れていた空が、演奏が始まったと同時に雨が降り、土砂降りになり演奏と同時に止むという「天気までも演出するバンド」「天国の方々の涙雨」とSNS上でも話題となった。
 
デジタル配信・CD
2017年3月11日7度目の東日本大震災の日、多感な18歳から24 歳までの期間を故郷の復興に捧げた日々を綴った「NEO JAPAN LOUNGE #001」を発表。iTunes で世界配信し、ワールドジャンルでいきなり40位とTOP100に入る快挙を記録した。
•8月11日、さらにファンの声に応え、デジタル配信された4曲をリマスタリングし、新曲2曲を追加し1st CD アルバム「NEO JAPAN LOUNGE #001 Re:UNION」を発売。 
2019年3月3日2nd「ぼくらの未来は。」先行世界配信開始
2019年3月6日JOYSOUNDにてぼくらの未来は。、フタリシズカ、もしも…カラオケ配信開始
2019年3月11日2nd「ぼくらの未来は。」CD発売。
 その後月1曲ペースで配信を続けている。

音源制作・タイアップ
•2017年3月 仙台市海外向けシティープロモーションPVに「iZAYOi もう一度…」が起用された。
•2017年6月10~11日 東北六魂祭の後継イベント「東北絆まつり」ではCM60秒・15秒に「iZAYOiもう一度…」六まつりパレードオープニング映像・まつりジングルに「EndlessNight」が起用された。 
•2018年「いぎなり東北産」(アイドル:スターダスト所属)のオープニングSE「出囃子」制作。
•2018年8月17日~「仙台ヘアメイク専門学校・宮城文化服装専門学校」CM15秒に「ぼくらの未来は。」が起用された。
•2018年10月~東北放送 毎週月曜日9:55~ 「One Switch Cafe」マンスリーエンディング曲として「フタリシズカ」PVが起用されました。
•2018年10月4日~TBCラジオ・Datefm 「わくや天平の湯」20周年ラジオCMに「FEVER777」が起用された。
•2018年10月 秋田県県南地域観光PVに「フタリシズカ」が起用された。
2018年12月「いぎなり東北産」に「我ら」制作。 

2019年6月〜「仙台ヘアメイク専門学校・宮城文化服装専門学校」CM15秒に「ぼくらの未来は。」が起用された。
2019年12月〜テレビュー山形、さくらんぼテレビ「荘内銀行」CMに「君と描く地図」が採用された。
 

 CLIMB

 DJ/RAP

1992年宮城県涌谷町生まれ・涌谷町育ち2009年地元の先輩・同級生などと結成した宮城県涌谷町を中心に活動するヒップホップ集団MEGALOMANIAのメンバー。MEGALOMANIAではラッ プ・DJ・作曲を担当。従兄弟に貸してもらったヒップホップのCDに衝撃を受け、自らDJとラップをはじめた事がきっかけ。

CLIMBのつくるラップリリックには男女間の恋愛や社会風刺の言葉はなく、夢や希望に対してのストレートな想いや広い意味での愛を表現する言葉が織りなされている。


 Shimo

和製VOICE/Bass

1998年埼玉県所沢市生まれ・仙台市育ち現在仙台コミュニケーションアート専門学校ソロボーカル科で声楽及びゴスペルクワイヤとしてステージ表現を学ぶ。

2019年6月 楽天VS広島 セ・パ交流戦最終戦で国歌独唱を行ない、その歌声に中継のアナウンサーが思わず「上手い…」と呟いてしまったとか。
ボーカルという概念ではなく、声=メッセージを伴う究極の和製楽器としてSAMURAI APARTMENTの正式メンバーになる。一度LIVEを体感したファンはしもちゃんの声が脳内でリフレインしているなど「しもロス」なる言葉まで生まれる。中毒性のあるボイスは純度の高い水の様な透明感と称される。


 KYO

 和太鼓/percussion/トラックメイク

1992年東京都港区生まれ、宮城県美里町育ち。邦楽バンド「閃雷」のメンバーとして小学6年から活動。存在感のあるムードメーカー。世界最大級和太鼓スクール TAIKO-LAB仙台のマネージャーとして和太鼓の指導を行う。02年ニューヨークで日本から初となる「同時多発テロ追悼公演」を皮切りに、バリ島、ミネソタ州ウイノナ、台湾、韓国、ロサンゼルス、ラスベガス、ニューヨーク、ワシントン、ウガンダなど海外での演奏も豊富。GLAYEXPO2014ではロックと和楽器のガチコラボを展開し55,000人を魅了した。 SAMURAI APARTMENT の楽曲を生み出す他、アイドルなどへの楽曲提供も行う。TERU(GLAY)、山猿、松本潤(嵐)、NMB48などへ和太鼓の指導も行った。 

▶主な共演(コラボ)者 ※抜粋 · 順不同
GLAY/山猿/松本潤/クリスハート/May.J/高橋まこと(ex:BOØWY)/大間ジロー(ex: オフコース) /蓑輪単志(ex:HOUND DOG)/山下洋輔(ジャズピアニスト)/加藤登紀子/AKB48/さとう宗幸/和合亮一(詩人)/日浦孝則(ex:class)/川井憲次(作曲家)/熊谷育美/ハジ→/上妻宏光(三味線プレイヤー)/朋郎(和太鼓・ 篠笛デュオ)/AUN J クラシック オーケストラ(和楽器オーケストラ)浅野祥(津軽三味線奏者)/齊藤秀之(鳴り物師) /廣田丈二(和太鼓)/スギテツ(ヴァイオリン & ピアノデュオ)/ロンドン・メトロポリタン・オーケストラ/ヨシケン/篠崎央彡(チェロ奏者)/吉田翔平(バイオリン奏者)/asari/畑亜貴(作詞家・シンガー)/ ag(サックス奏者)/小湊昭尚(尺八奏者)/笙YUU(笙奏者)/ PAX JAPONICA GROOVE(クラブ・ハウスミュージシャン)/ジョン・ルーカス(ゴスペル歌手)/詩峰(書道家)/ Mess→ Age Crew/ヒビキメロヲ(三味線ロックバンド) ほか